ストレスはヤバいって話

ストレスはヤバい、最悪人が死ぬ。

例えストレスが原因で病気になって死ぬこともあるし、精神を病んで屋上からダイブするはめになったりする。

それくらいストレスはヤバい。

でも自殺とかそういうのはイマイチ実感しにくいだろうし病気といってもまぁだいたいはちょっと胃痛になるとかその程度だから放置してしまいがちだ。

 だから今回はストレスを溜めるとこうなるというのを自分の経験から書こうと思う。

 

まず結論から言うと

 

メシが食いたくても食えなくなる

 

もっと正確に表現すると

 

食ったモノを端から吐くハメになる

 

割と冗談抜きでひたすら吐くようになるっていうか実際に俺はなった。ていうか何も食ってないのに口から胃液リバースしてた。 

ついでに1週間近くロクに食べてなかったから最終的には栄養足りなすぎて普通に歩いてるつもりなのに周りから見たらメッチャふらついてるとかそんな感じで死ぬかと思ったからね。

しかもこれ医学的には単なるストレス性の胃炎なんだよ。つまりは胃潰瘍とかそんな大した病気じゃなくて普通の胃炎でもこうなる訳で、冷静に考えてヤバすぎでしょ。

 

面倒だからそこまでストレス抱えることになった経緯とかどうやって立ち直ったとかは全部すっ飛ばすけど、そんなこんなでとにかくストレスはヤバいから侮らないで欲しい。以上。