読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

連勤術師としてこの先生きのこるために

これを書いている今、おじさんはメチャクチャ疲れている。なぜなら17連勤から帰った直後で徹夜カラオケをしているからだ。

ここで貴方が真っ当な感覚の持ち主ならば「疲れてるならんな無謀なことするなよ……」と思っていることだろう。だがちょっとまって欲しい。おじさんは出張から帰って一日休んだらまたすぐ出張で何もないクソ田舎に行かなければならないのだ。明日は汚れた衣類の洗濯やら部屋の掃除やら買い物やらをしなければならないし、翌日からまた始まるであろう仕事に備えて早めに寝なければならないということを考えるとどうしても今しか時間がないのだ。とはいえ実際やはり体力的にキツい部分があるのもまた事実。カラオケ100%楽しめているかと言われるとかなり怪しく、いずれにせよ最アンド高にはなれないのが現状だ。

こんな状況を打破し、連勤術師として生き抜くためにはいったいどうしたらよいのだろうか。誰か教えてくれ。