読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

底辺若手社員の休日~ネカフェに泊まる編~

これを書いている今、僕は某所のネカフェに籠っている。今は三連休の真っただ中であり、一般的には家でゆっくり休むとかどこかに出かけるとかそういう過ごし方をしている人類が圧倒的に多数派だろう。そんな中で僕がわざわざネットカフェで過ごしている理由はふたつある。

まず、知人(というか下請けのあんちゃん達)に貸した金の借用書を作成するためにネット環境のある場所に行く必要があったということ。僕は先週同じ現場で仕事をしていた下請けのあんちゃん二人に十五万ずつ、合計三十万を貸し付けている。

これは僕の月給を普通に超えた金額であり通常なら土下座されても他人に貸し付けるようなことはないのだが、酒が入っていたこと、数万ずつ何回かに分けて貸すという形であったために貸し付ける上での心理的なハードルが低かったことなどがあり、気付けば手元の口座の中身をほとんど貸し付けてしまった。で、その時は口約束のみで貸してしまったのだが流石に金額が金額なので借用書を作成することに。それも通常の家庭なら自分のパソコンでインターネッツにアップされたテンプレなどをダウンロードして印刷すれば済む話であるのだが、非常に残念なことに僕の住んでいる家(というか会社の寮)にはなんとネット環境が無い。個人的にもモバイルルータなどの機器を今のところ所有しておらず、スマホテザリング機能でノートPCをネットに繋ごうにもそもそもスマホが既に通信制限に引っかかっている。完全に詰みだ。……とまぁそんな訳でネットのある環境に移動する必要があったのだ。これが一つ目の理由。

でもって二つ目の理由。先ほど述べたように僕は会社の寮に住んでいる(といっても普段はずっと出張にでているので日曜くらいしか帰っていない)のだが、これがよくあるマンションのようなタイプではなくシェアハウスのように一軒の家を四人で共有するスタイルの寮なのである。各人に一部屋ずつ個人用の部屋が与えられ残りの部屋や風呂、台所などは皆で共有といった形で暮らしているのだが、これはつまるところ休日にも職場の人間とエンカウントし、最悪どこかに連れ出されたりパシリを命じられる可能性が存在するということである。それが嫌で休日はなるべく外に出ているか部屋にいることを知られないように電気を消して静かにして過ごしており、通常はそれでやり過ごせるのだが、今週は事前に外出のお誘いが入ってしまっていた。しかもその内容が僕の車を見に行くというものだからもう最&悪である。僕は車を所持していないため外出の際にはチャリや電車をメインに使用しているのだが、クソ田舎でそれは不便だろうということで職場の人間から車の購入を勧められていた。僕自身は普段遠出することもないし(行くのはコンビニと近所のカラオケくらい)そもそも平日は出張だから自分の車があっても休日しか乗れないしといった感じだったので適当に「んー、まぁ確かにあった方が便利は便利っすよねー」なんて適当なことを言いつつスルーしていたのだが、ちょうど今週の月曜あたりに「仕事の関係で運転しなきゃいけないこともあるし、このままペーパーだと最悪クビもあるかもよ?」などと同じ寮に住む先輩(以降A先輩と表記します)に軽く脅された挙句、週末に車を見に行くことになってしまったのだ。しかし弟が進学し学費をいくらか負担しなければならないので正直車など買っている余裕は僕にはない。というか当のA先輩自身、見積書の金額を一ケタ間違えてアホみたいな額の赤字を出したりとってきた案件を忘れて何年も放置するという珍プレーをかましているにも関わらず一切の処罰を受けておらず、当然そんな人間にクビとか言われても「なにいってだこいつ」くらいの感想しか出てこない。そこで僕は予定が入ったので週末の件はちょっと無理そうです~などと出張先からメールを送っておいた。正直「こいつ単に行きたくないだけだろ……」とか思われいるような気はするのだが、それでもアリバイ工作のために土日は部屋を空けておこうと思ったのだ。

……とまぁこんな感じでネカフェに泊まっているのだが正直やることがない。というかやることがなさ過ぎてこの記事を書いている。誰か助けてくれ。